FC2ブログ
「オーラの泉」を見ながら書いてます。
ずっと見てる番組で「オーラの泉」という番組がある。
美輪明宏さんと江原啓之さんとトキオの国分太一の番組
ゲストの前世とか背後霊とか見る番組

正直僕は今まで霊体験など全くないし
そういうのは

今でも信じてない

でも、なんでこの番組をずっと見続けているかというと、
ちょっと僕自身

気になることがあったんです

・・・この話しは今まで、誰にも話したコトなかった
それは「あぁ~あ、善久ついに頭おかしくなったか・・・」
と言われるのが怖かった。
つい、2,3日前始めてこの話しを母に話した。



東京に来て、4年が過ぎました。
この4年、正直、辛らい事も沢山ありました。
「もう、ダメかな」って泣き言を一人でつぶやいた夜なんて数え切れない
強がりで見栄っ張りの僕はそんな弱くて子供で弱虫な部分を隠すのが
精一杯でした。
「名古屋に帰ろう」って思った事なんて両手じゃ数えられない。

でも、不思議なくらい大変な困難などにぶつかった時はいつも

“運”がよくて乗り越えてこれた。

その度に、いつからだったか覚えてないのだが、気付いたら
“神”や“仏”に感謝するわけでわなく・・・

「おじいちゃん、ありがとう」

と、思っている、僕が居た。
それが、不思議なのである。

父のお父さん、つまり、僕のおじいちゃんは僕は会った事がない。
おじいちゃんは僕が2歳の時に亡くなっている。
しかも、僕が産まれた頃にはすでにおじいちゃんは闘病生活で
病院にいたらしい。

だから、僕はおじいちゃんの葬式の時、母に抱えられて
死んだおじいちゃんとあったらしい。
もちろん、記憶は全くない。
実家の仏間に飾ってある白黒の写真でしかしらない。
だから、何年もメンドクサクテお墓参りも行ってなかったが、

ここ一年、ムスカリンを始めて、名古屋にツアーに帰る度に
どんなタイトなスケジュールでも「お墓参り」をするようになった

それは、今まで誰にも言わなかったけど

「おじいちゃん、あのことと、

このことと、そのこと・・・

ありがとうね!助かった!」


と言いに言っていた。
でも、疑問がずっとあった。

「なんで、僕をこんなに

助けてくれるの?」


って
だって、会った事もないし、もちろん世話した事もない。
「孫におもちゃを・・・」って思いにしては
助けすぎなくらい助けてもらった。

今回、父が倒れて

その謎が解けた

父の病気は地元名古屋では「手術はできない、安静にするしかない」
と言われた。いつ、肺がつぶれるか解らずに残りの人生を過ごすトコだった。

僕が、必死に調べた結果、この病気の第一人者、日本どころか世界の
医者からこの病気について聞きにくるほどのお医者さんを見つけられた

しかも、偶然

僕が住んでるところからスグのところに


そして、問題なく手術が出来、先生も思わず
「大成功です!激しい運動も問題なくできますからね!」
と、笑顔がこぼれる程の成功だったらしい。


親戚のおばさんを病院につれてくる時
父の小さい頃の話、おじいちゃんの話を聞いた。

父は7人兄弟の真ん中なのだが、なんと、父以外、全員

女!

つまり6人姉妹と一人の長男それが、僕の父である。

元々、東京でおじいちゃんはクリーニング屋をやっていたらしい
儲かっていて、父が幼い頃はけっこうお金持ちだったらしい。
支店を、新宿に出すくらい金持ちだったらしい。

ところが、本当に人が良くて、やさしい、おじいちゃんだったらしく
その支店を出すときに、人に騙されたり、保証人になったりして
お金を持ち逃げされたらしい。

クリーニング屋はつぶれ

7人の子供と夫婦2人の9人家族は豪邸の一軒屋から
6畳一間のアパート暮らしになったそうだ。

女が7人と男はおじいちゃんと父。
しかも、事業に失敗したおじいちゃんは家族の中で立場を無くしただろう。
父は、追い出されるように、高校中退して、職を転々として
いつの間にか名古屋にたどりついたらしい

おじいちゃんが死ぬ時、ガンの闘病生活で弱りきっていた体で
最後振り絞った言葉が

「利夫(父の名前)・・・すまなかったな。
お前しか頼れないから後はたのんだぞ・・・」


だったそうだ。

これで解った!

おじいちゃんは僕を助けたかったわけじゃなく。
父、おじいちゃんにとっては息子を助けたかったんだ。



いろんな事情で、僕は一人で広い部屋に暮らしている
しかも、たまたま、病院の近くに。

おじいちゃんは

「俺の息子がもうすぐ、病気でくるから、お前は

ここで待っててくれ、

辛らくても、ちょっと助けてやるから!」


・・・というつもりだったんだな
54歳のおっさんになっても子供は子供か・・・

と、今、僕は理解している。


ここで、僕は心配していることが・・・

「もう、治ったから、お前はもういいから

もう、助けないからな!」


とおじいちゃんに言われたらどうしよう( -_-)・・・
今度、ツアーで名古屋は11月18日・・・またお墓に行ってきます。
その時は・・・

「おじいちゃ~ん+.゜(*´∀`)b゜+.゜イィ

孫のメンドウもちょっと

みてよ~ん(*^^)v


と甘えてこようかと思ってますf^_^;



これから、ライブとかで失敗したら「おじいちゃんのせい」にしよ( -_-)
バチアタリなf^_^;
スポンサーサイト



【2006/10/04 23:59 】
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ツアーっすo(^-^)o | ホーム | 親、帰る。俺、忙しくなる。(T_T)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://musukarin.blog73.fc2.com/tb.php/85-7535986f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |