FC2ブログ
dressTOKYOについて。
少し、長くなりますが、いつかちゃんと書かないといけないと思っていた事を書きます。



もう、言ってる人もいるし、うすうす気づいてる人もいるでしょう。
別に隠してたわけじゃないけど、ワザワザ言う事だろうか?・・・と考えていた


僕は

去年年末からLIVEハウス

秋葉原dressTOKYOに

出演者としてではなく

裏方的にもかかわっている



“ブッキング”という言葉が一般の人どれだけ伝わるのかわからないけど
秋葉原dressTOKYOのブッキングをやっている

いろんな事情があってね・・・

1つは去年年末にdressのブッキングが辞めたということ。
“社員で常勤”が出来る人をまた雇えばよかったんだけど、

もう、WEBでも発表になったから書きますが

4月30日の営業をもって

少なくとも今のdressはなくなります



ビルの取り壊しです。

だから、移転してまた新たな場所で!という話もありますが
実際のところ、よくわかりません。

ま、大人の世界ですよf^_^;僕の得意な


だから、今後どうなるかわからないLIVEハウスに新しい社員を入れるのは難しく

気心しれて、何度かブッキングにちかい“イベント”をやった僕に白羽の矢がたった。


・・・もちろん、やるにあたって色んな事考えたよ

僕にとってはバイトだし、いい経験をさせてもらう勉強の場。
ライブハウスの内部事情をより深く知っておきたかった。

でもさ、それで飯くってる人がいるわけじゃん?

そんな常勤もできない、いわゆる“片手間な”やつがLIVEハウスの心臓である
ブッキングという役をやって

スタッフにも出演者にも失礼ではないだろうか?

更に、ムスカリンとして、LIVEハウス側に入る事は

ミュージシャンとしていかがなものか?


と。


でも、考えたんだ、僕は“音楽”というものに実はそれほどこだわってはいない
むしろ、理想は

空間支配


・・・難しい話じゃなくてさf^_^;

例えば、僕があるアーティスト A のライブを見に行ったとする。
音楽の製作もなくして、ワザワザ時間を作って、交通費払って、その時間にそのLIVEハウスに。

AというアーティストのLIVEは最高だったとしても。

受付の態度が悪かったら・・・

トイレが汚かったら・・・

バーカウンターの雰囲気が悪かったら・・・


「A のLIVEは最悪だった」


と僕は思ってしまうんだf^_^;

はい( -_-)メンドクサイ男です(;一_一)神経質なやつです。


ムスカリンを“わざわざ”見に来てくれる人がいる。

・・・別にジャ●ーズさんみたいな男前でもなくf^_^;特別歌がうまいわけでもない
CD買えばわざわざ、その日、その時間、その場所に来なくてもいいのに

交通費とチケット代とドリンク代まで払って

見に来てくれる



音楽を一生懸命、ステージを一生懸命やることは当然だけど

“プロ”としてそれで生きて行くと決めた人間として


見に来てくれる、その人の一日に責任を持ちたい


いやf^_^;わかってますよ無理です。理想です。
でも、その気持ちを忘れたやつが

“音楽を趣味でやってる奴”

なんだと僕は思ってる。
技術的にどんなにすばらしくても、「人を動かしてる責任」を感じないミュージシャンを
僕は尊敬しない

極論を言えば

その人がLIVEハウスに向かうまでに

上司に早く帰ることに小言を言われず

電車の乗り換えも上手く言って

電車の席にも座れて

帰りもスムーズに帰ってほしい




・・・いや、だから無理はわかってるってf^_^;僕は神じゃないから
見に来てくれる人全てを幸せにはできんよf^_^;


でも、せめて・・・


LIVEハウスに入ったら、快適にすごして欲しい

LIVEハウスに不快な事があったら

そのLIVEハウスを選んだミュージシャンが悪い

僕はそう思ってる。


そりゃ、LIVEハウスは役所じゃないから(役所もそんなに態度よくないけど(;一_一))
真面目真面目ではないだろうけど

ただ

「お客様を迎える」という気持ちがないのなら

お金を一銭ももらってはいけない



それはLIVEハウスに限らず、全ての職業にいえるんだと僕は思ってる。



・・・すげー話がそれましたがf^_^;


結局、去年11月から僕は一応、名刺まで作ってもらってf^_^;
秋葉原dressTOKYOのブッキングをやってる

それは


ムスカリンとして出演して

見に来てくれる人が不快に感じない

“空間支配”の出来る

ライブハウスにしたかった



という思いが強い

(いや、もちろんスタッフや場所の愛着、何か力になれないかという気持ちもありましたけどねf^_^;)


いろんな改革も試みている

・ 朝礼の代わりにスタッフ全員に「今日の概要」という手紙を渡したり

・ 受付やバーカンなど、営業中の禁煙


ま、あとはブッキングのやり方やリハーサルの進め方など
結構好き勝手やってる

でも

スタッフの皆さんは

このど素人ブッキングマネージャー(正式名称)に

文句言わずにやってくれてる



・・・いや影で言ってるかもしれません( -_-)

・・・仕事上では文句ないですが、
「ピンクの服キモイ」とか「(歌)声うるさい」とか
挙句の果てに、土曜、バーカウンターのバイトの女の子に

「あ、ムスカリンさん!ここ地下で携帯の電波入らないから

(地上にいって)メール確認してきて!

と( -_-)言われたりしてますが

文句は言われてない・・・・・と思います(;一_一)・・・・他で仕返ししてるのか( -_-)?


それは、きっとスタッフの皆さんが

音楽が好きで

dressが好きなんだと思うんだ



現状をなんとか打破したいときっと思ってて
そこで、技術屋じゃない、商売人・・・・とは認めてないけど(;一_一)

僕という血を受け入れながら、きっちり仕事をしてるんだと思う。


僕も、dressに幾たびPA下田圭介に居酒屋に連れて行かれ(;一_一)(呑めないのに)

dressの話もいっぱいするけど、音楽的な話もいっぱい聞く
それが

それが今後のムスカリンにとって

プラスになるから



・・・いや、ただ下田圭介が呑みたいだけなんですけどねf^_^;

それで、終電になります( -_-)
近頃じゃ、僕の最寄駅まで行く終電じゃ帰してはくれず( -_-)

ダイブ遠いトコまでしか電車でいけず、タクシーに乗って帰ります( -_-)

dressのバイト代はほぼチャラです(;一_一)


短い間だったけど(いや、まだ少しやりますよf^_^;)

色んなミュージシャン、バンド、事務所やレコード会社の人々
沢山関われた事、またLIVEを見れた事、とても貴重な体験として

僕のキャリアに一つになった


バンド側の思い
事務所側、レコード会社側の思い

LIVEハウス側の思い
もっと細かく

PA側の思い
ブッキング側の思い

オーナー側の思い


また、色んな事を色んな角度で見る

多面的に物事を見る

という訓練をさせてもらったよ


“正義”は一つじゃない

子供は経験が浅いから

人やモノを“正義”と“悪”にしか分けられない


でもね。世の中、全ての人やモノ会社も団体も


立場や時間や空気など

見方を変えれば

正義にも悪にもなるんだよ



ちょっと難しい話ですねf^_^;まぁこんなモンで



今後dressがどーなるのかわかりません

確実なのは

4月30日にあの場所でのLIVEはできなくなる

というコトです


僕は色んな事情があり
3月いっぱいが正式な契約です
(いや喧嘩したわけじゃなくf^_^;もともと3月いっぱいでdressがなくなる話が伸びたのです)

4月も前半と後半すこし僕のブッキング(イベント)をやりますけどね。



ムスカリンとして
山本善久として

今現在も、いい勉強をさせていただいてます


その全てが


ムスカリンの楽曲

ステージに反映していくものだと信じています




・・・あいかわらずの器用貧乏ですけどねf^_^;
スポンサーサイト



【2008/03/03 23:59 】
偉そうに語る | コメント(0) | トラックバック(0)
<<無駄使いしてしまった( -_-)・・・ | ホーム | 多分、風邪は完治かとf^_^;>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://musukarin.blog73.fc2.com/tb.php/593-8e14fdf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |