FC2ブログ
さや侍を見て
いやー見てきました

松本人志監督の

「さや侍」!


・・・わかってます(-_☆)
やらなきゃいけないことがわんさかです(-_☆)

映画見てる暇があったら
動けや!って言われそうですが・・・。

どーしても見に行きたかったんだもん(T_T)


「さや侍」

やっぱ

すげー


内容はまだ見てない人もいたらいけないので言いませんが


どっかでね
音楽やりながら

あきらめてた部分

がある
認めてないけど、心のどこかで、ホントは。


あるミュージシャンがインタビューで言ってた

「ラップ以降、音楽での発明はされてないし、もう新しい音楽はない」


・・・・そうかもしれない

少し弱気になっていたかもしれない

昨今の「カバーブーム」に正直僕は少し憤りを感じていた


70年代、80年代、90年代

いい曲がいっぱいある

それは誰もが認めてる

でも、今のミュージシャンがただ、その曲たちをカバーするだけなら


もう、過去に勝てない事を

認めてるようで嫌い



イジでも、今新しい曲を書かなきゃいけないと思ってる

しんどいにきまってる


でも、過去の名曲を過去のアーティストをただリスペクトするのなら
あの曲を聴いてればいいし、コンサートに行けばいい

アーティストだと思うなら

誰がなんと言おうと自分がアーティストだと思うなら


今の曲を
未来に残す気持ちが無ければいけないんだと思う



・・・・って思いながら

少し弱気になってた



もう新しいもんなんてない

音楽も芸術も

過去のすごい人たちが全部やりつくした

もうそれを教科書をみながらなぞる事しか出来ない


そんなことを思いながら音楽を続けていた気がする


「さや侍」を見て

まだ新しいものがある

そう思わされました


あしたからまた頑張ろう


そんなサボリ日記でした(;^ω^A






絶賛全国発売中!

ムスカリン・セカンドアルバム

「コンフォート201」

主な予約先

TOWER RECORDS

HMV

Amazon

セブン&アイのセブンネットショッピング

DMN.com

楽天


ヤマダ電機


MSN


着うたフルにも登録されています

着うたフル


11曲中1曲フル!無料発表!


「メリークリスマス」さえも言えない距離

MySpace Japan

スポンサーサイト



【2011/06/13 23:59 】
偉そうに語る | コメント(0) | トラックバック(0)
<<久しぶりに聞いた | ホーム | 文明の利器の限界>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://musukarin.blog73.fc2.com/tb.php/1821-d38f0db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |